24/7ワークアウトの食事はきつい?リバウンドしない食事法の真実

プライベートジムではトレーニングと同時に食事制限などを設けてダイエットを進めていく所が多いのですが、そういったジムで行われていることが多いのが厳しい糖質制限です。厳しい糖質制限によるダイエット効果は確かにすごいのですが、その反面デメリットも多いため24/7ワークアウトでは糖質制限を取り入れつつも少し違った視点から食事法を提案しているようです。そこで今回は24/7ワークアウトで行われている食事法の解説と、実際に自分が通っていた時の食事を画像付きで紹介します!

 

 

目次
1.24/7ワークアウトの食事法は厳しい糖質制限ではない!
・糖質制限の仕組み
・24/7ワークアウトの食事法が厳しい糖質制限じゃない理由

 

2.24/7ワークアウトの食事の内容は?
・24/7ワークアウトの食事法
・24/7ワークアウトの食事画像

 

3.24/7ワークアウトの食事で学んだダイエット豆知識
4.24/7ワークアウトの食事法まとめ

 

運営サイト:https://haircare-japan.sakura.ne.jp/

 

24/7ワークアウトの食事法は厳しい糖質制限ではない!

 

糖質制限の仕組み

 

■そもそも糖質ってなに?

 


まずは簡単に糖質制限の仕組みから説明していきましょう。
米やパンなどの炭水化物が多い食べ物=糖質が多い食べ物というイメージを持っている方も多いと思いますが、正確には「糖質」と「食物繊維」が組み合わさった物が「炭水化物」と呼ばれます。

 

お米や、麺類、パンなどの主食から、芋、とうもろこし、果物なども糖質が多く含まれる食べ物として有名ですね。

 


身体を動かすエネルギーとして消費され、その消費しきれなかった糖質が脂肪として溜め込まれてしまうので糖質は太る原因として挙げられます。

 

 

■糖質制限の仕組み

 


人間の身体はエネルギーとして利用していた糖質が身体の中から無くなると、脂肪を「ケトン体」という物質に変換して燃焼してエネルギーの代わりとして使い始めるので脂肪が減る事につながります。
それに加え、糖質による血糖値の上昇も抑えられるので脂肪を溜め込むインスリンの分泌量も減ることでどんどん体重が落ちていく仕組みです。

 


ちなみに糖質制限を始めるとわずか数日で一気に体重が落ちるので効果が出た!と思いがちですが、これはもともと体内にあった糖や、水分の多いグリコーゲンが減ったことによるもので脂肪が燃えているわけではないので、そこで満足して制限を辞めてしまうとすぐに元通りになってしまいます。

 

24/7ワークアウトの食事法が厳しい糖質制限ではない理由


糖質制限のダイエット効果は確かにすごいので、過酷な糖質制限を強いるプライベートジムも多いのですが、24/7ワークアウトも基本的には糖質制限を行うものの通っている人たちにその過剰な糖質制限をすることを強制しているわけではありません。
痩せるためには絶大な効果のありそうな糖質制限ですが、24/7ワークアウトでは何故厳しい糖質制限を推奨しているわけでは無いのか、その理由は以下の通りです。

 

 

■過度な糖質制限は筋肉が付きづらい

 


糖質制限は体重の減る効果が絶大なので一時期メディアでも取り上げられていたことがありましたが、過度な糖質制限は筋肉に関するデメリットもささやかれています。

 

先ほど、糖質から得られるブドウ糖は人間の身体を動かすエネルギー源なので、制限することで代わりに脂肪が燃焼されると説明しましたが、それと同時に筋肉の量まで減ってしまう事にも繋がります。

 


糖質の代わりとして使われるエネルギーは体内に蓄積されている脂肪だけでなく、本来は筋肉を作り上げるために使われるはずのタンパク質などもエネルギーとして使われてしまうので、過度な糖質制限を行うと筋肉が落ちてしまうのです。

 

24/7ワークアウトはそもそもトレーニングジムでもあるので筋肉が失われてしまっては元も子もありませんので、通う人の目標に合わせて必要な分の糖質は摂取してもOKとされています。

 

 

■過度な糖質制限はリバウンドの恐れあり

 


糖質制限は体重の減り幅は大きく効果は絶大なのですが、その分食事を元に戻した時のリバウンドの幅も大きいんです。

 

24/7ワークアウトはリバウンドの少ないプライベートジムと評判ですが、その秘訣は正に食事制限が厳しすぎない所にあるんです。

 

他のプライベートジムでは有名人がテレビの企画などで挑戦し、数か月で激痩せしたと広告塔になっているものをよく見かけますが、大体の人がその後リバウンドをしている所をよく見かけます。

 

その理由は正に糖質制限が厳しすぎて通常の食事に戻した後に反動でリバウンドしてしまうからなんです。先ほど説明した筋肉量の減少も身体の基礎代謝の低下につながり、脂肪が燃えにくい身体となってしまうのでリバウンドの一因となってしまいます。

 


例え2ヶ月でダイエットが成功したとしても、そのあとすぐに戻ってしまうのであれば、それは効果が出ているとはいえません。
その場限りのダイエットではなく、しっかりと筋肉をつけることができて正しい食事法も学べてリバウンドの恐れがないプライベートジムとして24/7ワークアウトの人気が高まっているんですね。

 

>>正しい食事法でリバウンドしない!24/7ワークアウト公式はこちら

 

 

24/7ワークアウトの食事の内容は?

24/7ワークアウトの食事法

24/7ワークアウトは3食食べて痩せるパーソナルジムというコンセプトで経営しているため、食事を抜くようなきついダイエットをする必要はありません。
かといって、少し前に話題になった1食をバナナに置き換えたりするようなわけではなく、しっかりとした食材を3食食べる事ができるんです。
それなので食事制限に対してのストレスが少なく、24/7ワークアウトに通い終わった後でもそのままの食生活を続けることができるので、リバウンドしにくいということでも有名なんです。

 

■24/7ワークアウトの食事法は緩い糖質制限

 


24/7ワークアウトでは過度な糖質制限は推奨ではなく、所々で糖質を摂ってもOKというような緩い糖質制限をして進めていきます。

 

トレーニングの進行度や最初に設定した目標体重によっても食事の内容は変わっていきますが、筋肉を落とさないようにタンパク質を含めた食事をしっかり3食とることで健康的に痩せていく事を目標としています。
そのおおよその流れとしては以下の通りです。

 

トレーニング開始から最初の3〜5日間の食事
最初の3〜5日間は極力糖質を摂ることを控えて身体を脂肪燃焼モードに切り替える取り組みをします。
糖質制限では食事を変えてからおよそ3〜5日後くらいからその効果が出始めると言われており、最初に説明した通りその期間に糖質を摂るのを控えると本来身体の活動エネルギーとして使われる予定だった体内の糖質が無くなり、代わりに身体の脂肪を燃やしてエネルギーを得ようとし始めるのです。

 

 

トレーニング中盤の食事
本来の糖質制限ダイエットであれば糖質を控える食事をずっと続けることになりますが、24/7ワークアウトの場合はこの頃から1日に120g程度の糖質は摂っていいよと言われます。
お茶碗一杯分のごはんの糖質がおよそ40gなので、ごはんを食べるのを1日1杯程度にすることで他の食材はある程度自由に選べるようになります。

 

 

トレーニング終盤の食事
トレーニングも大詰めとなってくるので24/7ワークアウトに通い終わってもリバウンドをしないために、なるべく元の食事とのギャップを無くすためのアドバイスを行ってくれます。

 


自分の設定した目標体重にもよると思いますが、それを余裕で達成してしまっている方などは「もっと糖質を摂った方が良い」なんてことも言われるとか…(笑)

 

■24/7ワークアウトにはダイエット休暇もあり!?

 


24/7ワークアウトでは「ダイエット休暇」と呼ばれているルールを破っても良い日を設定することで「つらいから少しずつつまみ食いをしてしまう」という事態を避けるようにしています。
10日に1度ぐらいのペースで好きなものを食べても良い日を作ることでストレスの元になりにくく、脂肪燃焼モードを途切れさせることなく次の日からまたダイエットに取り組むことができるので、少しずつつまみ食いをしてストレスを解消するよりもかなり効果的なんです。

 

 

24/7ワークアウトの食事画像

ここからは僕が24/7ワークアウトに通っていた頃に食べていた食事や、お世話になった食品たちの画像をのせて解説をしていきたいと思います!※一部飯テロ注意!

 


これは24/7ワークアウトに通っていた時の初日の食事です。
24/7ワークアウトでは最初の数日間は極力糖質を控えた方がいいとの事なので、少し気合を入れて極限まで糖質を控えた食事にしてみました。
特に食事を報告する義務は無いんですけど、最初なのでトレーナーさんに画像を送ってみたら、ここまでは気合を入れなくても良いとの事です(笑)

 


こんにゃく麺を使った汁物でたまに湧いてくる麺をすすりたい欲求を抑えたり…肉の味付けも糖質やカロリーが多くなってしまうソースなどを使わずに、コショウで味付けするなどこだわっていた部分もありました。
そして24/7ワークアウトの食事をする上でこだわってたのはサラダを最初に食べるということです。写真のサラダはトマトやコーンなども含まれているので糖質が多少入っているんですけど、最初にサラダを食べておくことでおなかも少し膨れるので食べ過ぎにも繋がらなくて良いですよ。

 


低糖質高たんぱくの食品と言えばやっぱりこれ、サラダチキンです!
いかにもムキムキマッチョのボディビルダーが食べてるような物かと思って最初はちょっと抵抗があったんですけど、食べてみると結構ジューシーで美味しいんです。
大体のコンビニで売ってますけど僕はセブンイレブンのサラダチキンが一番良かったです(笑)

 


段々コンビニなどで食べ物を選ぶ時に商品の裏に書かれている食品表示などを見るのが習慣となって、なるべく糖質が低めでタンパク質が多めのものが見ただけでわかるようになってきました。
個人的に24/7ワークアウトの食事を行っている時にリピートしまくってたのはゆで卵や納豆、セブンのプルコギや生姜焼き、豆腐スープなどです。
ゆで卵や納豆や納豆はダイエット中の食事の物足りなさをカバーしてくれます。そして単純にプルコギなどや生姜焼きは味が好きなうえに低糖質高たんぱく、豆腐スープはラーメンのスープを飲んでいるような感じなのに低糖質という神のような代物でした!(笑)
糖質0麺と組み合わせて自作ラーメンにもできるのでかなり万能です。

 


ついに来ちゃいました焼き肉(笑)
タレなどをつけ過ぎちゃうと糖質やカロリーが高めになっちゃうので控えめにして、ご飯も半ライスに抑えて食べ過ぎないようにすることで焼き肉の会を楽しむことができました。

 


24/7ワークアウトに通って後半の頃には1日の糖質量をコントロールすることで好きなものを食べる事も可能に!
久しぶりに蕎麦や海鮮丼などを食べた日は感動もありましたね…

 

・24/7ワークアウトで間食したくなった時は…
24/7ワークアウトの食事法では食べる量を制限するというわけではないのでおなかいっぱい食べる事ができるとはいえ、たまには少し物足りないと感じてしまう時もあると思います。
そこでつらいのが間食の誘惑…そんな時に強い味方になってくれたのがこいつらでした。

 


ササミはサラダチキンと同様にダイエット食品の代表格と言っても良いほど有名ですよね!
この食事法を始めるまではパッサパサで味が無さそうでわざわざ食べる事はないだろうなーって思ってたんですけど、セブンイレブンで売ってたこのササミは味も美味しくておすすめです。

 


また、ローソンにはダイエットをしている人たちには非常にありがたい低糖質の食品も多く売られていたりします。
中にはブランパンという小麦の表皮を使って作られた低糖質のパンもあります。また、同じくブランで作られたお菓子や大豆で作られたお菓子なども売っているので糖質制限中でも間食をしたいと言う方はぜひ。(もちろん食べ過ぎはNG)

 

24/7ワークアウトに通い終わって実際に痩せた今の状態で改めてこの画像を見てみると…なんていうか、この食事でも痩せれたんだなと少し驚いています。(笑)
普通に3食お米を食べている状態からの初日のあの食事だったので最初の頃は確かに満足はできなかったんですけど、思っていたよりもきついとは感じず段々と痩せていく体重を見ているのと低糖質高たんぱくの食事探しをするのが段々楽しくなってきたので無事続ける事ができました。
後半には24/7ワークアウトに通い終わったあとに一気にドカ食いをしたりしないように敢えて糖質に身体を慣れさせた事もあって、通い終わった今でもリバウンド無く食事を継続することができてます!

 

>>きつすぎない食事制限で痩せられる!24/7ワークアウトはこちら

 

 

24/7ワークアウトの食事で学んだダイエット豆知識

最後に24/7ワークアウトで食事法を指導してもらってダイエットを進めていく上で、これは今後の食生活でも意識していきたいと思った食事に関する情報をのせていきます!

 

■水をとにかく飲む!

 


24/7ワークアウトでは、トレーニング中もそうなんですけど普段の生活でも水を沢山飲むことをすすめてくれます。
目安にするとおよそ1日2〜4リットルほど。

 

水は人間には不可欠ですが何故そこまで…と最初の頃は思ってたんですけど、その理由を24/7ワークアウトのトレーナーさんに聞いてみると、水には身体の基礎代謝をアップさせる効果があるとのことです。

 


それに加えて老廃物を沢山体外に排出できるのはもちろんのこと、血をサラサラにして血行を良くする効果もあるので筋肉に栄養が行き渡りやすくなり、それがまた筋肉の成長に繋がって代謝のアップにも繋がるのでいいことづくめなんです。

 

 

■野菜を最初に食べる!

 


24/7ワークアウトの食事法で学んだ豆知識その2は、食事の時に野菜を最初に食べるということです!

 

僕は上の食事の画像でものせたようなコンビニのサラダや、オクラやワカメを含んだサラダなどを最初に食べるようにしていましたが、これは最初にサラダを食べる事で食べ過ぎを抑えるという目的の他に、野菜に含まれる食物繊維が食事で上がる血糖値をゆるやかに抑えてくれる効果があるからサラダを最初に食べるようにしていたんです!

 

毎食サラダを用意するのは少し面倒くさいいうと方は、同じく食物繊維を多く含む納豆を最初に食べてみるといいですよ。

 


また、食事をしなければ血糖値が上がらないのなら食事回数を減らせばいいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、食事と食事の間隔が広くなるほど1回の食事で血糖値が上がりやすくなってしまうので1食抜くと逆に太りやすい状況を作り出してしまいます。

 

24/7ワークアウトが3食しっかり食べることを進めているのはこの理由も関係してくるんですね。

 

■糖質を抜くなら夜!

 

糖質が身体を動かすエネルギーに使われているというのは最初に説明した通りで、糖質を摂り過ぎて消費しきれないとそれが脂肪となり太ってしまう…

 

という事は朝と昼に糖質を摂っておいて夜に抜けば効率的にダイエットできるのでは!?と24/7ワークアウトのトレーナーさんに聞いてみたところ、この理論はあながち間違いではないみたいなんです!

 

夜の22時~2時頃はBMAL1(ビーマルワン)という脂肪の燃焼を抑制するたんぱく質が増えやすい時間帯であるため、仮に朝食べたものと同じメニューを夜に食べたとしても夜の方が脂肪が溜まりやすいんです。

 

24/7ワークアウトのトレーナーさん的には最も効果的に行うのであれば朝に糖質を摂って昼夜で抜くという食事がおすすめとのことだったので、24/7ワークアウトでトレーニングをする日以外は昼も糖質を抑えめにして生活していました。

 

■お酒を飲むなら蒸留酒

 


24/7ワークアウトでトレーニングをしている間は筋肉の生成に多少影響するということで控えていたお酒ですが…もともとかなりの酒好きだったのでその後もずっと禁酒するなんてことは絶対に無理です!!(笑)
そこで、24/7ワークアウトのトレーナーさんに相談してみたところ、ウィスキーや焼酎などの蒸留酒、辛口のワインなどであれば飲んでもOKとのことでした!

 


割り物に甘いジュースなどを使ってしまったら元も子もないので割るなら水か炭酸水、もしくはロックにしましょう。

 

もちろん、低糖質だからと言って沢山飲み過ぎてしまうとまた別の健康被害が出てしまうので飲み過ぎは厳禁ですよ。

 

>>正しいダイエット理論が学べて痩せる24/7ワークアウトはこちら!

 

 

24/7ワークアウトの食事法まとめ

昔から米を主食として生きてきた日本人が急に糖質を完全にカットした生活に切り替えたとしても、その生活をずっと続けていく事ができるという人はいないのではないでしょうか。

 

糖質完全カットによる体重の減少効果は確かに大きいですが、それも一時的なもので戻した途端にリバウンドなんてこともざらにあります。

 

24/7ワークアウトでは目先の体重減少ではなく、正しい方法で痩せやすく太りにくい身体を作る食事法を教えてくれるので、リバウンドが少ないんです。

 

24/7ワークアウトのトレーナーさんは食事制限をする時には「ダイエットを楽しむ気持ち」を大切にすることだと言っていました。

 

他のジムのようなガッチガチの食事制限では続ける自信が無いという方、そして今までダイエットをしようと思っても続かなかった方達の背中を押してくれるのが24/7ワークアウトなんですね。

 

 

 

 

【あわせて読みたいワークアウト関連記事】

 

24/7ワークアウトの評判を実体験!失敗しない人気のパーソナルジム

 

24/7ワークアウトの料金調査@ライザップより安いのか徹底比較!

 

https://japan-domain.sakura.ne.jp/

 

 

24/7ワークアウトTOPへ戻る